お金を借りる

何とかお金を借りられました!信用の無い私の話を聞いて貰い感謝です

私は20代前半で車に嵌り、収入のほとんどを車につぎ込んで、それでは足りず借金を繰り返し、食費も削って返済に充てていました。一時は父が借金を返済してくれて、生活を立て直したのですが、やはり同じことの繰り返して、また返済に追われる日々を過ごすことになってしまいました。何度か事故も起こし、自分ではどうにもならず実家に泣きついたことも有りました。今考えればかなりの親不孝でしたが、どうしても車の魅力には勝てませんでした。

そうこうしているうちにまた生活できないほどに借金が膨れ上がってしまい、またいつもの調子で実家に泣きついたのですが、もうお金も底をついてしまって年金以外収入が無く助けられないと言われ、暫く逃げ回っていたのですが、どうにもならなくなって、30歳で自己破産するまでに追い詰められてしまいました。好きだった車も失いその後は自暴自棄に陥っていたのですが、その間また父に世話になりました。全く惨めでさすがのドラ息子の私も反省せざるを得ない気持ちになりました。

その後なんとか単純労働ですが仕事に就くことが出来、少ないながら安定収入を得て、ギリギリの生活でしたが自力で生活できるようになりました。父も私のせいで蓄えは失いましたが年金が生活するには困らない程度の収入になっており、やっと我が家にものんびりした時期が訪れていました。私はあれだけ熱中していた車に対しても購入できるほどお金が無かったこともあるかもしれませんが、それほど興味を持つことも無くなり、なんであれほど狂っていたのか不思議に思うようになっていました。

しかし人生良い時期が有れば悪い時期もあります。頑健な体でならしていた父がやはり齢には勝てなかったようで、病気になって入院してしまいました。本来であれば蓄えはこのような時のために取ってあったはずなのに、私のために使ってしまい医療費の支払いが難しいのは目に見えていました。私も収入は安定しているとはいえ、大きなお金の蓄えは無いため、もはやどこかから借りるしか方法が有りませんでしたので、まず銀行で相談してみることにしました。

しかし何件か当たりましたが、融資は無理だと言われて仕方が無くかつて利用しまくった大手消費者金融をあたったのですが、かつてはあれだけ貸してくれたのに何店あたってもまったく相手にしてもらえませんでした。考えてみれば自己破産してから5年しかたっておらず、私はブラックとして扱われていると言う事のようです。調べてみると自己破産の情報は10年間残るらしく、私にお金を貸そうなどと考える所など有る筈がなかったのです。

途方に暮れていても医療費だけは何とかしなければならないため、あてが有った訳でもなかったのですが、インターネットでブラックでも融資してくれるところを検索してみたところ、意外にも多くのページがヒットしました。それらを読んでみるとさすがに今まで利用したような大手の消費者金融では無理ですが、中小規模の消費者金融ではブラックの場合でも融資するところが有るようなのです。そこでそのような消費者金融を探すことにしました。

しかし自分で言うのも変ですが、ブラックの人に融資して本当に大丈夫なのかという疑問も有り、このような消費者金融は怪しい所ではないかと考えるようになりました。そこでさらに調べてみたところ、たしかにブラックでもOKというふれこみで利用者を集めているような闇金も存在するようですが、過当競争の中、大手金融機関がなかなか相手にしてくれないような人たちを相手に商売をしている消費者金融も存在することが分かりました。

多少時間はかかりましたが、そういったところをインターネット頼りで何件か見つけることが出来ました。だたインターネットの情報自体が間違っている可能性もある為、今度は名称から登録情報を調べて本当にその業者が存在していて正規の業者なのかを調べて間違いなく存在していることを確認しました。その後念のためにそういった業者を利用した人のクチコミ情報なども読んでみて最終的に利用してみようという業者を決めることができました。

さっそくその業者に電話で相談してみたところ、確かにブラックの人でもそれだけでは断ることは無いということと、ただし独自の基準で審査は行っていますという点を念押しされましたが、対応も良く申込んでみることにしました。その結果申込み翌日には審査が通った旨の連絡が入り、さっそく店舗に行って条件を詰めて、かつてのような大きな金額の借り入れではありませんでしたが自分の収入の範囲内で返済が可能なことを確認して借り入れを行いました。

父もしばらく入院した後無事退院できて、医療費の支払いも無事済ませ、現在借り入れたお金を返済中です。父が支払いはどうしたのかと聞いたので正直に説明して、返済は十分可能だから安心して良いと念を押しておきました。これまで散々迷惑をかけて来たのでやっとちょっとだけですがお返しが出来たことに満足しています。業者の方、信用力の無い私に貸して下さり本当にありがとうございました。ただし今後は以前を反省してできる限り借入は慎みたいと思っております。

銀行カードでお金をおろしているように見せたい!そんな銀行教えて!

銀行でのカードローン融資を受ける場合、キャッシュカードで通常のATMから、自分のお金を下ろすのと同じ要領で借入をすることができます。今ではどの銀行でもこの要領で融資が受けられるので安心です。これは、ご自分のキャッシュカードでも、ローン専用カードでも、その銀行のATMは利用できますが、ローン専用カードの方が、利用可能な提携ATMの数は多くなります。

たとえば、キャッシュカードを利用しての融資なら、銀行のATMやコンビニでの融資しか受けられません。これは、キャッシュカード利用ですから、自分のお金を下ろすときと同じです。別の銀行で自分のキャッシュカードが使えるということは基本的にあり得ませんよね。そして、ローン専用カードなら、消費者金融のそれと同じ要領で、契約銀行ATM、コンビニ、ゆうちょ銀行ATMなど申し込み銀行にもよりますが、その内容は銀行間の垣根を超えることもできます。しかし、他行のATMを利用する場合は、その銀行での手数料を支払うことになりますのでご注意ください。

でも、自分のお金を下ろしているように見せたいのですから、ご自分のキャッシュカードが利用できる銀行で、このカードで借入できるローンはありますか?とお尋ねになるのが一番確実です。今では、ちょっと足りない時に融資を受けることは当たり前ですから、キャッシュカードのATMを利用したいという消費者のニーズに答えたのかもしれませんね。ましてコンビニならお店に”銀行ATM”と表示してくれていますから、店内でATMの前に立って作業をしていれば、自分のお金をおろしているんだな。と、普通に人は思うでしょう。

さらに、融資を受けることは恥ずかしいことではありません。融資を受けて返済を遅延することや滞納することが恥ずかしいのです。一番は、堂々と融資、堂々と返済ということでしょうね。

友人同士のお買い物、安心してカードが使いたいです

友人同士の楽しいお買い物やウィンドウショッピング、あれやこれやと言いながら楽しみたいですよね。そして、友人と居ると、なぜかノリで購入。なんてことも多いと思います。そんな楽しい時間に水を差さないために、お金の心配をしなくていい方法があります。

ひとつには、常に使っている銀行のキャッシュカードにカードローンをつけます。そうすると、自分の給料がなくなったとき、自動的にカードローンから現金が引き出せるという方法、これは、翌月の給料日にまた自動的に返済されますので、大変便利です。光熱費や税金の支払いも、この銀行引き落としにしておけば、残高不足になることはありません。それにカードローン枠を使用しましたよ的な連絡も来ません。静かに貸してくれ静かに給料が入れば自動的に返済です。ただ、幾らカードローンで借入をしているかは、通帳記帳すればすぐわかります。

そしてもう一つには、クレジットカードを利用するか、その限度額を引き上げておく方法です。クレジットカードは、利用せずにいると自動的に限度額や融資額を引き上げて”限度額の変更がありました”という連絡がきたりしますよね、それを事前にこちらから「限度額を引き上げたいのですが」と連絡するのです。あなたが返済遅延が無かったり、滞納していなかったり、使っていなければ引き上げ交渉には応じてくれる可能性が高くなります。そうなると、友人同士のお買い物時にノリで少し大きなものを買うことになってもカード払いで安心です。現金なら、カードローンから借りられます。

また、カードローンやクレジット会社のカードは訳あって利用できないという方には、消費者金融があります。消費者金融のカードも、提携銀行ATM利用可能というところや、コンビニの利用も可能ですから何も心配することはありません。さあ、バーゲンの季節もそろそろです。みんなで楽しく街へ出かけましょう!

専業主婦でも審査の通るキャッシングって信用してもいいんですか

専業主婦でも審査の通るキャッシングは信用していいですよ。信用してはならないのは、専業主婦でパートもアルバイトもしていない、そのご主人も無職というときに万が一審査が通るような消費者金融があれば、そこはヤミ金融で、何を言って来られるかわかりませんので信用してはいけません。

銀行や消費者金融のカードローンは、どこでも専業主婦や学生、パート、アルバイトの人でも融資可能となっています。その中でも専業主婦で1円の収入も無い場合のみ、ご主人の収入や借金状態を問われますが、そこがクリアされれば融資をしてくれます。もちろん、借り入れに行った本人が正社員として働いている場合が一番融資限度額は高くなります。けれども、少額でいいならどのような仕事の人にも融資してくれますし、審査の通る専業主婦にも貸してくれます。

専業主婦のあなたが、ご主人にも内緒で少額の融資が受けたいのなら、毎月一定額の収入を得ることが必要です。アルバイトやパート、ご主人が仕事に行っている時間に2~3時間でも近所のスーパーでアルバイトでもすれば、その信用で消費者金融はあなた自身に融資をしてくれる可能性が高まります。融資を受けるためのアルバイトのような話ですが、仕事をするからには収入が得られるので、融資は必要なくなるかもしれませんね。でも、万が一のときは融資が受けられるという安心感になります。

人生には余裕が必要です。金銭的余裕は心の余裕にも繋がりますね。こころに余裕があれば、信頼していいか悪いかは調べることもできますし、何より勘が働きます。余裕が無ければそれを見抜く力も弱まりますし、騙されやすくなることもあります。安心できる消費者金融のカードをお持ちになることは心の余裕につながりませんか。 

融資を受けるときの身分証明書は保険証でもいいのですか

融資を受ける際の身分証明書、健康保険証で大丈夫です。融資を受ける場合に必要な身分証明書は、「普通自動車免許証」「健康保険証」「パスポート」などが代表的ですが、健康保険証の場合は社会保険でしたら勤続年数がわかりますので、長期の勤続をされている方にとってはそれが証明できて有利になります。しかし注意していただきたいのは、審査申し込みのとき、勤続年数を偽ると、この健康保険証で正確な勤続がわかってしまうので、虚偽の申告をする人というレッテルを貼られる可能性があります。審査に必要な書類や申請時の嘘は、どのようなものでも審査を通りにくくする可能性が高まりますので十分に注意しましょう。

身分証明書のことで少し補足いたしますと、一般的に免許証とは、普通自動車免許のことを言います。ときどき、船舶免許や一般的ではない免許などを持参される方がいらっしゃるようですが、それは身分証明書としては受け付けられないと思っておいた方がいいでしょう。一般的でない者は審査をする側も、それが本物かどうかの見わけも困難ですし、どうして自動車免許が無いのか?という疑問にもなります。自動車免許を取得していないだけならば、健康保険証やパスポートを持参する方が自然です。

いずれにしても、融資を受けたい消費者金融に身分証明書の確認をすることが間違い無い方法ですね。自分が用意できるもので審査を受けられるかを問い合わせれば、あちらから何を何なら大丈夫ですと言われるよりも、確実だと言えますね。出鼻をくじかれないように、必要なものを揃えていけると安心です。

アルバイトをしています、正社員じゃなくてもお金を借りる事できる?

アルバイトをしているなら十分です。正社員じゃなくてもお金は借りられますよ。大丈夫です。融資を受けるときの条件として、”毎月一定の収入があること”なので、決して”正社員であること”ではありません。アルバイトやパートでも融資は受けられるのです。しかしながら、当然正社員が一番安定していますので、融資限度額に少し差があるのは事実です。消費者金融が限度額○○円と設定しているあの限度額は、審査に通り、一番多く融資できる人への金額です。アルバイトやパート、学生の場合は、その収入額や他の金融機関での借金があるかや、過去に金融事故を起こしていないか等により審査を通過するかどうかや、審査に通っても人によって融資額は変わってくるというシステムです。

金融事故とは、融資を受けたことがあり、遅延を繰り返していた経験があるとか、滞納者だったとか、完済していないとか、任意整理、個人再生、自己破産などの経験の有無です。どこかの借金を中途半端にして、新たに借金ができると思われている方はいらっしゃらないと思いますが、そのような誠意の無い行動をかつてされたことのある人は審査には通りません。少し回りくどい言い方になりましたが、簡単にいうとブラックリストに載っている間は融資は受けられません。嘘もいけません。

消費者金融の融資は、自分の歴史を見直す機会にもなりそうですね。借金をしなくても生きていける人生は、自分が嘘をついても、不誠実なことをした経験があっても振り返るチャンスはそうありません。そいういう意味では借金をしなければならない状態、審査に通る自分なのかとやきもきする時間、将来の返済を含めたシュミレーションで今後の生活を見通すなど、とてもいい機会になりますね。人は経験をしてはじめて人の痛みも理解できますし、人としての深みも出ます。人と違う経験ができるのは、将来大きな飛躍のためのひとつの踏み台です。今の自分も大切な自分です。あまり無理をせず、少しの余裕を持って生きられると幸せですね。

キャッシュカードとキャッシングとクレジットカードが一枚に?

銀行キャッシュカードは長らく銀行法の規制によってクレジットカードを発行することができませんでした。しかし、銀行法改正が1982年に行われて銀行も発行できるようになったのです。ですから、この頃は主要カードが一枚になって喜んでいる消費者も多いのではないでしょうか。キャッシュカードは銀行で自分のお金を下ろしますね、その同じカードでお買い物をして、クレジット払いができるという便利なものです。さらに、クレジットカードは個人によって違いますが融資枠も持っています。ですから、融資を希望し、もしくは自動的に融資枠があり、お金を借りようと思えばクレジット会社から借金もできるわけです。今まで銀行から自分のお給料を下ろしていたキャッシュカードが、後払いのクレジット機能がついていて、その会社らの融資も受けられるということです。1枚でキャッシュカード、クレジットカード、キャッシング枠の3役です。もう何枚もお財布にカードを入れなくていいというのは嬉しいですね。

ただし、消費者金融と銀行キャッシュカードが一枚になるのではありません。信販会社と銀行の提携ということになりますね。消費者金融と銀行の提携は、銀行カードローンの審査を提携消費者金融がするという部分です。

カナダでは、数十年前からカード社会です。カナダ人のお財布の中は10ドルとか20ドルが入っているだけです。日本の社会もゆるりゆるりと変わってきていますので、地方にもカード決済ができる商店が増えると生活のほとんどがカードで済むということになりそうですね。まだこれは先の先だと思いますが、海外から日本の地方に来た人は、こんなにクレジットカードが使えないのかと嘆いている人をよくみます。

この3役のカードをお持ちになっている方は、流行に敏感で将来本当のカード社会になるときの先駆を切る方たちかもしれませんね。日本人は大半が保守的です。誰かが引っ張ってくれなければ進化しないと思えば、この新しいカードを持って進化?を引っ張っていきませんか。

お金が借りたい!でも主婦なんです…、しかも専業です…

主婦には本当に色んな人間関係が絡み合い、苦労が絶えませんね。特にお子さんがいらっしゃる方なら子どもを巻き込んだお付き合いもあるから大変です。専業主婦ならなおさらややこしくなりがちなのです。お金に困るあなただけが特別ではありません。専業主婦で裕福な空気を出す方が仲間に受け入れられやすいですよね。そんなコミュニケーションは間違っています。しかし、子どもが絡むと母親は背に腹は代えられない気持ちになります。お金を借りてでもランチに行かなければならない時もあります。お金を借りてでも習い事をさせなければならない時もありますね。

母親は子どもが育っていく過程で自分も成長していきます。その過程には融資を受けてまでもしなければならないことがきっとあるでしょう、そんな専業主婦の方にも融資をしてくれるのが消費者金融です。専業主婦の場合は、ご主人の年収や会社名が必要になりますが、借入はできます。本人ではないので限度額は低くなりますが、保護者のお付き合い程度のお金にはなります。

そんな付き合いはやめなさいと言いたいところですが、止める方が大変だったりストレスになることも多いですよね。そんな時は便利な消費者金融で助けてもらいましょう。もちろん、翌月返済できるように、また、継続してへんさいしていくようなら返済シュミレーションもしてみて、雪だるま方式にならないように気をつけてくださいね。

もし、パートやアルバイトが1日数時間でもできるようなら、嫌なお付き合いにも関わらなくて済みますし、それでもそんな付き合いがあるなら、バイト料が入るから安心だったり、自分でバイトをしているのですから融資も自分の名前でできます。その場合は、ご主人は関係ありませんので、ご主人に無用の心配をさせることも無いでしょう。どちらにしても専業主婦にもアルバイトをしている主婦にも安心できるカードローンをお申し込みになっておいてはいかがですか。

消費者金融もクレジットカードも低金利でお金を借りることはできる?

消費者金融とクレジットカードは、得意分野が違いますから、消費者金融の融資の方が金利は安くなります。クレジットカードは商品購入時に利用するのが本来の仕事ですので、融資になると高めの金利になります。しかし、その金利も消費者金融での金利幅、だいたい4.8%~18.0%の最高金利に当てはまる方なら、クレジットカードの融資枠を利用しても同じです。ただし、返済方法の確認は必要ですね。

なるべく低い金利で融資を受けたいのは誰しも思うことです。○○%~○○%の金利の中で、低い金利をゲットするためには、確実な返済実績が必要になります。無理のない借り入れと確実な返済は、貸金業者の最も獲得しておきたい顧客です。コンスタントに借りてくれ、きちんと返済してくれる人は、その金利分を確実に利益として入れてくれるということになりますから、大事にしたい消費者であるということと、信用もできるので金利は下がります。さらに、借りてくれる金額が大きいと金利も下がることになります。しかしこれは、大手の消費者金融によく見られる傾向ですので、借り入れる消費者金融や信販会社で大きな金額を借り入れようとするときは必ずご確認ください。ということで、おまとめローンなど、複数社の借入をひとつにまとめたいときや大きな額を融資して欲しいときは、銀行や大手の消費者金融でするのが断然お得なのです。

そして、消費者金融には、初回借入無金利期間などのキャンペーンをしている会社もあります。金利は低ければ低いほどありがたいので、はじめて借入をする方で、短期間で返済できる目途の立つ方はこれを利用しない手はありません。個人の方はもちろん、事業主の方でも利用可能ですから、万が一のときのためにカードローンを作っておくと安心です。

学生生活をエンジョイするためのカードはどんなカードでしょうか

ずばり、学生生活をエンジョイするカードは、万が一のために消費者金融のカード。そして、商品購入や食事代をカード払いにできるクレジットカード2枚を持つことです。学生は勉強もしなければなりませんが、アルバイトでも忙しくなりがちです。しかし、バイトばかりの生活では大学の単位取得などの本業が疎かになりそうですよね、ですから、日頃はアルバイトをしながらの学生生活ですが、試験近くになると、バイトを休んで勉強に専念するというのが理想です。そんなとき、食費にも困るようでは集中力も落ちますので、消費者金融での融資が助けになりますね。試験が終わればアルバイトに戻れるのですから、返済も可能なはずです。もちろん借入をするのは必要最低限です。

さらに、不要な現金を持ち歩かず、欲しいものもカード払いにしておけば何にいくら使ったのかがカード使用明細としてはっきりするので管理がしやすくなります。カード払いにすると、現金を見ないので使いすぎるのではないかと不安になる人もいるようですが、逆に、現金を持っていると使いたくなるという傾向もあります。自分がどちらのタイプかを把握できれば、確実に必要最低限の買い物、借り入れで学生生活はエンジョイできるの間違いなしですね。

また、学生は学生専用ローンというものがあり、学生用ですから限度額は低めですが、金利も学生向きというものがあります。”学生専用”という名前に騙されず、その金利や返済方法をしっかり確認して、確かに一般のものより金利も安い、学生向きだと思ったら、そのカードが一番安心して持てるカードになります。充実した学生生活は、自分が今何をしているかを把握できることです。社会的な自分のポジション、学校の中での自分の位置、家族の中、友人の中など、それを客観的にみることができると充実してきます。充実しないのは自分の意思で生きておらず、その場に流されているからです。そのポイントが押さえられれば、融資もカード払いも自分できちんと管理できる充実した学生生活を送れることでしょう。

おばあちゃんが消費者金融でお金を借りる訳、おれおれ詐欺?

おばあちゃんが消費者金融でお金を借りる訳はいろいろあります。もちろん、孫のためにお金を送金してやらなければと思う人も多いでしょう、消費者金融の人が優しく対応してくれるからということもあるでしょう、また、年金だけでは生活できないということもあるかもしれません。しかし、消費者金融では年齢制限があります。60歳~65歳までで、安定収入のある方に限られています。ですから、若いお婆ちゃんなら孫のために融資も受けられるということですね。

少しヘビィな話になりますが、おばあちゃんが孫のために融資を受けるのは、孫から「ありがとう」「おばあちゃんだけだよ」「面倒見るよ」などの言葉が欲しいためです。少々厳しい言葉ですね、しかし、孫にお金を渡して、それが騙されてなかったとしても、孫のためになるでしょうか?本当に孫や子どものことを思っているのなら、一人で解決するのを見守るのが優しさです。「おばあちゃんがいなかったらどうなっていたかわからないよ。ありがとう」という言葉を渇望している人がとても多いですね。

若者をダメにするお金を借りるより、自分のための借入をしましょう!孫のためと思っていても、詐欺だったということになると目も当てられませんね。怒りの持って行き場がありません。子育ても終わって老後を楽しむ生活の方がどんなに充実することでしょうか。たとえば、安い海外旅行のプランを見つけたら”今しかない”という気持ちで出かける自由があるのがお婆ちゃん世代です。今まで一生懸命家族のために働いてきてくれた大切な存在です。自分のための人生をエンジョイするために自分のための融資をうけてみませんか。